「ワタシナガタ」のプロフィール(プログラミングが稼げる原理も公開)

Pythonで稼ぐ
ワタシナガタ

プログラミングだけで成り上がりました。ITビジネスが得意です。Pythonで自作したAIからの月の不労所得200万。コスパ、裏技、Pythonが好き。プログラミングで「ズル」して稼ぐ方法を呟きます。

>>管理人プロフィール・理念はこちら

ワタシナガタをフォローする
twitterbot >> Twitter Botで不労所得を得る戦略はこちら

ワタシナガタといいます。

このページで自己紹介させていただきますね。

しっかり書いていきますので、ちょっと長文です。

僕について

某大学の研究室でデータサイエンス・機械学習・深層学習を用いた研究を行う研究者です。

委託でデータサイエンティストとして働いていた経験もあります。

今はもっぱら個人でAIを開発しています。それをビジネス運用することで得られる収益が今はメインです。

SNSアカウント

・Twitter:https://twitter.com/watashinagata

今はTwitterしかやってないので、ご連絡の際はTwitterのDMまでお願いします。

人工知能や機械学習の話を人とするのは好きなのでぜひフォローしていただけると嬉しいです!

経歴

大学の学部時代初期はもともと全く別の分野を専攻しており、機械学習やいわゆるコンピュータサイエンスとは無縁でした。

当時はちょっとプログラミングできるだけの人ですら「すげー」って思ってましたし。

しかし、ある時ふと「あれ、自力でAIとか作って運用したらクソほど稼げることね?」ということに気づき、AIの作成と応用を専門とする研究室を選択。

AI周辺で実装経験があるもの

  • ディープラーニング
  • ランダムフォレスト
  • サポートベクターマシン
  • XGBoost
  • LightGM
  • スクレイピング
  • 機械学習を搭載したWebアプリ開発 ect…

など広く浅く経験しては、収益自動化を試しています。

最近のプログラミング界隈について

ここからは本音を正直に書いていきます。

「プログラミングを学ぼう!!」ってのが最近の界隈の雰囲気で、それに乗ってプログラミング学習を始めている人、いっぱいいます。

それ自体は良いことだと思うんです。僕もプログラミングで人生変わりましたし。

ただ、一つ浮かぶのが「あなたは何のためにプログラミング勉強してるの?」って疑問。

趣味として勉強してるなら何も言いません。CSSだろうが、HTMLだろうが勝手に勉強してください。

だけど、別に趣味でプログラミング勉強してる訳じゃないですよね?

将来稼ぐためにあなたはプログラミングを勉強してるんですよね?

だったら、稼ぐためのプログラミング言語を勉強しましょう。

目的を見失ってはいけません。

プログラミングで稼ぐということ

これは理系あるあるなんですが、「偏差値が高ければ、将来は稼げる」とか思ってませんか?

これは違います。

勉強しなくても稼いでいる人はいますし、勉強しても稼げていない人たくさんいます。

両者の何が違うかを言ってしまうと、ビジネスについてちゃんと知っているか、これだけの違いです。

ビジネスセンスというのは勉強して身につけるものです。

ただ無思考に偏差値の高い大学を出れば身につくものではありません。

お金を稼ぐには知るべきロジックがいくつかあるんです。

それを踏まえると、なぜプログラミングは稼げるか、また何の言語を学べば稼げるかがわかってきます。

プログラミングが稼げる理由は、最小の努力で0から価値あるサービスを生み出し、それを所有し販売できるから。

これがとても重要です。と言うか全てです。

例えば、なぜ油田を持っているアラブ人がお金持ちになれるか知っていますか?

それは「みんなが欲しがるものを腐る程持っていて、無限に販売し続けられるから」です。

人が欲しがるものを売るのがビジネスの基本です。

これを踏まえて考えると、プログラミングが稼げるのは、人が欲しがるもの(サービス)を低コストで作れ、かつ半永久的に提供し続けられるからです。

だったら、学ぶべきプログラミング言語は、人が欲しがるもの(サービス)を作れるものを選ぶべきです。

稼げるプログラミング言語とは

ここで各プログラミング言語を使って作れるサービスを大別してみましょう。

CSS、HTML、Javascript静的なWebアプリケーション(ブログ、メモアプリ)
Ruby、PHP、Pyhton、Javascript動的なWebアプリケーション(YouTube、Twitter)
Python人工知能、機械学習

稼げるプログラミング言語とは、より多くの価値を生み出すサービスを創れるれるもの。

その観点で言えば、CSSやHTMLは最悪です。

今時メモアプリにお金を払う人はいません。

逆に、動的なWebアプリケーションサービスはかなり筋がいいです。

もし仮に個人でYouTubeやTwitterを持っていたら大金持ちでしょう。これこそ油田を持つアラブ人と同じ状態です。

ただ、個人が作ったWebアプリケーションで戦っていくのはちょっと厳しいです。惜しい。

今時マッチングアプリとか自力で開発して所有しても、すごい営業力がないとシェアを取るのは難しいです。

それに比べて人工知能によるサービスは少し違います。

例えば、「あなたが住んでいる地域で販売されている不動産の中から、市場価格よりかなり低く売りに出されているものをAIで探し出して、定期的に通知します!」みたいなサービスを作ったら、個人所有のサービスだろうが不動産投資家はこぞって購入します。

油田を簡単に作れる訳です。

こんな感じで、言語によって作れるサービスが生み出す価値が違う訳です。

稼ぎたいなら稼げる言語を学びましょう。

ちなみに上であげたサービスならPythonをちょっと勉強すればすぐ作れます。

これからのこと

プログラミングをせっかく勉強したのに、たいして稼げなくて後悔してきた人をたくさんみてきました。

あなたにはそうなって欲しくない。

僕は、機械学習、人工知能を学ぶことで救われました。

プログラミング学習が続かないのは、稼げてないから、達成感がないからです。

僕の情報発信を通して、そんな人の助けになれれば嬉しいです。

連絡はこちらから

・Twitter:https://twitter.com/watashinagata

基本的に連絡は全て返すので、気軽に絡んでください。

ぜひフォローしていただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました