年収1億円実業家「就職したら貧乏になるぞ」

こんにちは、ワタシナガタです。

 

生徒さんや懇親会で出会った人に、

「ワタシナガタさんは、何がきっかけでビジネスに取り組むようになったのですが?」

とよく聞かれるので、

 

今日は、僕が大学生の時に出会った、
規格外の超お金持ちについて
思い出しながら語ります。

 

今思えば、彼に出会ったことが僕の人生の分岐点だったな。

 

==============================================

僕が大学2年生の頃、

当時の僕はなんとかお金もちになりたくて、
どんな職業の人がお金持ちなのか徹底的にリサーチしていた。

今でこそ僕はITの分野で起業して月200万を手に入れているが、
当時の僕は「不動産業」もかなり儲かるらしいと勘づいていた。

そして、不動産投資についてかなり調べていた。

 

不動産投資について調べてると、
なんと近くに不動産で年収1億を達成している大物不動産投資家が住んでいるらしい。

なんでも彼は元サラリーマンで、たたき上げで年収1億円を達成したと言う。

元々事業家で、今はほとんど不動産だけで暮らしているようだ。

「僕が目指すべきは彼だ!僕も不動産を勉強してお金持ちになる!」

なんとか彼に連絡を取りたいと思い、彼もFaceBookにメッセージを送った。

 

「突然の連絡ごめんなさい!近くに住んでいる大学生です。」

確かこんな感じのメッセージだった気がする。

なんの実績もない大学生が突然送ったメッセージでも、彼は気持ちよく返信してくれた。

返事が来たことに気を良くした僕は、

たしか

「お金持ちになるには、なんの職種につけばいいですか???」

みたいな思考停止的な質問をしてしまいました。

 

今思えば何も考えてないクソ質問してしまったな、と思うのですが、当時の僕はいい意味で愚直でしたね。

こんなクソ質問にも、年収1億の事業家は快く返信してくれた。

「君はお金持ちになりたいの?」

「じゃあ就職してもお金持ちになれないよ」

「小さくてもいいから、自分でビジネスをやらなくちゃ」

 

???

当時の僕には意味が分からなかった。

だって、大学を卒業したら就職するのが当たり前だと思っていたから。

でも確かによく考えると、その不動産投資家の彼は、どこかに就職しているわけではなかった。

当時の僕はそんな簡単なことにも気づいてなかった。

彼ももともとサラリーマンだったけど、お金持ちになるためにサラリーマンを辞めて、事業家として生きていく道を選んだ。

 

だから、僕の「お金持ちになるために就職先を選ぶ」という質問自体がお門違いだったのだ。

 

年収1億の事業家に「就職したら貧乏になるぞ」と言われたことが、僕が自分の力でビジネスをやるきっかけでしたね。

 

ってことで、僕はビジネスの道に進むのでした〜。

 

物語終わり。

=======================================

 

ビジネスの道に進んだ結果、

今では月200万の不労所得を獲得できたので、

彼には本当に感謝しています。

サラリーマンじゃ、どうしたってお金持ちになれない

この物語から学べることは

「サラリーマンと事業家じゃ、プレイしてるゲームが全く違う」ってこと。

サラリーマンじゃお金持ちになれないんですよ。

 

だって、考えてみてください。サラリーマンで1500万を得るのって、

めちゃめちゃハードル高くないですか?

 

学生の頃から必死に勉強してなんとか高学歴と呼ばれる大学に入り、
就活も失敗せずにこなし大企業に入社。
その後、出世街道に乗り、順調に行ったときにもらえるのが

「年収1500万円」

なんですよ。

 

対して、事業家はどうでしょう。

例えば、

僕は一日の労働時間が1時間とかでも月に200万の不労所得が入ってきます。

年収で言えば2400万くらい。

サラリーマンじゃ到底届かない金額を、僕はほとんど働かずに得てる。

これが事業家がプレイしているゲーム。

僕がすごいからこの金額を手にしてるわけじゃない。

「サラリーマンじゃなくて、事業家として生きていく」という選択肢をとっただけ。

年収が欲しいなら、事業家か投資家しかない

「僕は君の熱に投資しよう」という本の冒頭に僕の好きなセリフがある。

要約するとこんな感じ。

世の中には二種類の主人公がいる。起業家投資家だ。起業家は新しい車を作る。投資家はその車に入れるガソリンを調達する。その走り出した車が世界を変えていく。いつもこの二人だけが世界を変える。
この世の主人公は事業家か投資家しかいないんですよ。
だから資本主義のこの世界では、この二種類の人間だけがお金持ちになれる。
サラリーマンは起業家が作る車の歯車でしかないんですよ。
そりゃお金持ちになれない。

月20万の不労所得を作った方法を無料で公開しています

僕は大学生の頃に月20万の不労所得を作って人生リタイアしました。

才能があったわけでも、環境が恵まれてたわけではありません。

ですが、「不労所得」というと、超絶怪しいですよね。

 

実際は、プログラミングとネットビジネスを学べば、月20万の不労所得なら誰でも作れると確信しています。

 

僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、いまでは月113万の不労所得を稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

 

どんな人でも稼げるし、学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる。

僕はTwitterを自動化して、不労所得を作りました。

Twitterで不労所得を作り、そして自由な人生を手に入れた過程を下の電子書籍では公開してます。

20分程度でサクッと読める内容なので、もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍『月20万稼ぐTwitterBotの作り方』を無料で読んでみる。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


▼LINEマガジンの登録は画像をクリック▼
次へ

< 学べる内容 >

✔️普通にプログラミングを学ぶと貧乏なる理由とは?

✔️半年以内に不労所得を構築し、かつ裕福に暮らすために必要な考え方とは?

✔️大企業に就職すると不幸になる?

✔️凡人が最短で資産家になるには、プログラミングとネットビジネスが最も効率的な理由とは?

✔️ウェブマーケティングを飲食店やイベント集客にフル活用する方法とは?
etc・・・


次へ

※LINEマガジン登録後、30以内に電子書籍が無料で読めます。
※LINEをブロックすれば、すぐに解除することが出来ます。
※ご記入いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。

>> 詳細が気になる方はこちらをクリック<<