【Python初心者が副業月20万】僕が初心者のころ稼いでいた方法を紹介

<この記事の想定読者>

1.副業を始めたい人
⇒Pythonで副業として稼ぐのは難しくないです。Pythonは初心者でも稼げます。というか僕が稼いでました。

2.Pythonを独学で勉強している人
⇒Pythonを勉強するのはセンスが良いです。Pythonは初心者でも副業で稼げるスキル。どうせ勉強するなら、そのスキルを使って稼ぎましょう。

Pythonの副業で稼ぐ方法

こんにちは、データサイエンティストのワタシナガタです。

現在はデータサイエンティストの案件を中心に請け負って稼いでいますが、 Python初心者の頃はデータサイエンスの案件だけでなく、Pythonを用いたアプリ制作やスクレイピング案件なども請け負っていました。

PythonでTwitterを自動化して稼ぐなど、初心者でもPythonを利用して稼いでました。

そんな経験をもとに、僕がPython初心者の頃から現在まで、実際にPythonを使って稼いできた方法をあなたのPython習熟度レベル別に紹介します。

レベル別に紹介しますので、あなたにぴったりのPythonで稼ぐ方法が見つかりますよ。

Python未経験・初心者でも副業できる?

現場でPythonを使ったことなかったり、学習し始めたばかりの人でも、副業としてお金を稼ぐことはできます。

案件を請け負う場合でも「初心者OK」 なものも多いので、それだけに狙いを定めて応募すれば大丈夫です。自分のレベルにあったものを選びましょう。

僕が初心者の頃はBIG DATA NAVI(ビッグデータナビ)で案件を探してました。

今後、さらに高単価な案件を受けるためにも、初心者の頃から案件を受けておくのは重要です。

高単価な案件を任せる時に「今まで案件を受けた経験がない」人に回ってくることはなかなかないですからね。

簡単なPython副業案件に応募しよう

初心者のうちからPythonの案件を獲得するのはとても重要です。

一度も案件を獲得しようと行動したことない人は、案件を受注するために何をすればいいか全くわからず、その後Pythonの技術が上がっても高単価な案件を受けることが難しいからです。

僕はPythonを学び始めてから一ヶ月くらいでBIG DATA NAVI(ビッグデータナビ)で案件に応募して、一回5万くらいの案件に応募しまくりましたね。

初心者の頃から案件への「応募慣れ」をしておいたおかげで、自分のスキルが上がるにつれて獲得できる案件のレベルも上がりました。

案件のレベルが上がるにつれて得られる報酬も上がりますよ。

Python初心者におすすめな副業はスクレイピング案件

僕がPython初心者におすすめするのはPythonを用いたスクレイピング案件です。

Pythonのスクレイピング案件は簡単な割に、フリーの案件も多く時給も高いです。

下の画像の案件は、実際に僕がPythonを初めて一ヶ月くらいのときに請け負った案件ほぼ同じ案件です。

4日もあれば作成したので、Python初心者でも時給1万5千円くらいでした。

この案件は特別条件が良いものというわけではなく、ネット上で募集されている誰でも応募できる案件です。この案件は[affi id=1]で普通に募集されていました。

いかにPythonを身につけるのがコスパ良いか実感しますね。

※Pythonを身につける最短ルートはこちらの記事にまとめましたので、参考にしてください。

 

ちなみに、スクレイピングを勉強したことない人はこの本がおすすめです。

僕が初めてPythonで「スクレイピング」というものをきちんとやろうとしたときに読んだ本です。

この本一冊で、スクレイピングの案件を受けれるくらいのスキルはすべて手に入ります。

Twitterを自動化して稼ぐ

正直、この方法が一番おすすめです。僕は大学生の頃、Twitterを自動化して月20万の不労所得を得ていました。今は100万くらいの不労所得になっています。

 

Pythonを学び始めて初心者のうちは「フリーランスとして独立して稼ぐ」みたいなことはおすすめしません。

初心者のうちはあなたよりスキルが優れた人は多いですし、相場より安く引き受ける人もいます。

Python初心者が稼ぎたいなら、自力で稼げる仕組みを作って、そこから収益を得るのが一番手っ取り早いです。

僕はPython初心者の頃からTwitterのアカウントを自動化して、そこからの収益(アフィリエイトとか)を出していました。これだけでも今も月20万くらい稼げてます。

簡単な仕組みを作る程度なら技術力なんて全然入りません。

当時の僕も、Progateを2週くらいやって、Qiitaの記事をちょっと自分で実装してたくらいのレベル感でしたから。

他にもinstagramの投稿を自動化してアクセスを集めるとかでも稼げました。アイデア次第ですね。

Pythonで自動化して稼ぐ方法についてはこちらの記事にまとめました。

 

 

僕が大学生の頃にTwitterbotで不労所得の仕組みを作った、具体的な方法はLINEマガジンで配ってる電子書籍で無料で公開しているので、興味があったら読んでください。

不労所得を作った方法を無料で見てみる。

案件を獲得して稼ぐ

Python初心者を脱出して、もっと稼ぎたいならより高額な案件に応募しましょう。

Pythonに慣れてきたら、次は実際にフリーランス継続的な案件を獲得しました。

フリーランスの案件は今まで受けたことがなかったですが、実際の案件の条件を見てみたら案外通るものです。

そのときに使ったのは、やっぱりBIG DATA NAVI(ビッグデータナビ)というサービスです。

BIG DATA NAVI(ビッグデータナビ)をみてみると、「月100万」とかありますけどここら辺の案件には出しません。

募集要項に条件に「リモート可」と書いてあって、当時の僕のスキルでもできそうな案件に何個か応募しました。

案件を獲得するコツは「ちょっとでも可能性がありそうだったら、とりあえず応募してみる」です。当然、何回かは「スキルが足りてない」ってことで落とされます。当時の僕もそうでした。

「応募して落とされること」を恐れているうちは、リモート案件を受けることは難しいです。落とされることに慣れるためにも、一度BIG DATA NAVI(ビッグデータナビ)で自分ができそうな案件に応募してみましょう。

データサイエンティスト

データサイエンス分野の案件は最近多いです。

この分野の案件を扱うにはPythonが書けるだけではダメです。自分でAIを作った経験などが求められます。初心者がAIを作るための手順はこちらの記事にまとめたので参考にしてください。

データサイエンス系の案件はエンジニア専門のエージェントでしか取り扱いがないので、BIG DATA NAVI(ビッグデータナビ)などに登録する必要があります。

機械学習

必要な知識はデータサイエンス系の案件と似ていますが、こちらはよりエンジニアよりのスキルが求められます。

統計などの知識が必要ない分、SQLやAWSの知識が求められることも多いです。

ただまあ、実際は「Pyhtonで機械学習モデルを作った経験さえあれば可」みたいな案件もよく見るので、データサイエンス系の案件とそこまでスキル要件に差はないです。

こちらの案件もエンジニア専門のエージェントでしか取り扱いがないので、BIG DATA NAVI(ビッグデータナビ)などに登録する必要があります。

クローラー開発

意外と知られていないのが「クローラー開発」です。クローラーとはネット上に落ちている情報を定期的に収集するシステムのことで、スクレイピングをもっと高度化させたものだと思ってください。

クローラー開発は主にPythonで行われます。機械学習系の案件より求められるスキルも少ないですし、習得も簡単なので意外と穴場の案件です。

クローラー開発に必要な知識も、先ほど紹介したこちらの本一冊ですべて身につきます。

数千円で案件を受けれるレベルのスキルが身につくなら安いものです。

自分でAIを作って自動化して稼ぐ

これは今の僕が稼いでいる方法です。Python上級者になれば、自力でAIを作ることもできます。

例えばAIを使ったFXツールとかも作れます。

AIが勝手に取引してくれて稼ぐこともPythonを学べば可能です。

 

また、AIを使ったサービスを自分で作れれば、それを人に利用させてあげることで稼ぐこともできます。

このレベルになれば[affi id=1]の案件のほとんどは受けることができるので、仕事がなくなる心配もないです。

就職を考えるならデータサイエンティストがおすすめです。

データサイエンティストは高収入ですし、未経験からでも全然目指せる職業です。

僕が未経験からデータサイエンティストになった勉強法は「【実録】未経験からデータサイエンティストになった勉強法」にまとめました。

https://watashinagata.com/study-ds/

もし、今僕が0からデータサイエンティストを目指す時に選ぶであろう最短ロードマップは「【2020年最新】データサイエンティスト完全初心者のための最短学習ロードマップ」にまとめました。

https://watashinagata.com/ds-loadmap/

Python初心者からでも副業で稼ぐのは難しくない

今回の記事では、Python初心者の頃からプログラミングで稼いできた経験から、Pythonで稼ぐ方法を紹介しました。

プログラミングは最もコスパよく幸せになれる方法です。早めに身に着けてください。

僕自身、未経験からPyhtonを勉強して三ヶ月で50万円の案件を獲得しました。その手順はこちらの記事で解説しているので、参考にしてください。

月20万の不労所得を作った方法を無料で公開しています

僕は大学生の頃に月20万の不労所得を作って人生リタイアしました。

才能があったわけでも、環境が恵まれてたわけではありません。

ですが、「不労所得」というと、超絶怪しいですよね。

 

実際は、プログラミングとネットビジネスを学べば、月20万の不労所得なら誰でも作れると確信しています。

 

僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、いまでは月113万の不労所得を稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

 

どんな人でも稼げるし、学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる。

僕はTwitterを自動化して、不労所得を作りました。

Twitterで不労所得を作り、そして自由な人生を手に入れた過程を下の電子書籍では公開してます。

20分程度でサクッと読める内容なので、もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍『月20万稼ぐTwitterBotの作り方』を無料で読んでみる。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


▼LINEマガジンの登録は画像をクリック▼
次へ

< 学べる内容 >

✔️普通にプログラミングを学ぶと貧乏なる理由とは?

✔️半年以内に不労所得を構築し、かつ裕福に暮らすために必要な考え方とは?

✔️大企業に就職すると不幸になる?

✔️凡人が最短で資産家になるには、プログラミングとネットビジネスが最も効率的な理由とは?

✔️ウェブマーケティングを飲食店やイベント集客にフル活用する方法とは?
etc・・・


次へ

※LINEマガジン登録後、30以内に電子書籍が無料で読めます。
※LINEをブロックすれば、すぐに解除することが出来ます。
※ご記入いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。

>> 詳細が気になる方はこちらをクリック<<