17歳で時給5万円を経験して、ITスキルは最強だなと思った話

こんにちは、ワタシナガタです。

今日は、僕が高校生の頃、

初めて時給5万円を達成したお話をしたいと思います。

 

ゲームの代行で時給5万円

これは僕が高校生の頃の話です。

確か17歳の頃だったかな。

 

僕はアルバイト経験もなかった高校生時代に、

たった6分の作業をやるだけで5千円をもらっていました。

時給に換算したら5万円です。

 

その6分の作業も、

肉体労働ではなく、スマホをちょっといじるだけなので、

いい商売でした。

 

信じられないでしょう。

 

ですが、本当です。

 

大人ですら時給5万円はなかなか達成できません。

なのにどうしてアルバイトすらしたことなかった僕がそんな金額を稼ぐことができたのか。

 

それはITの力を利用したからです。

 

せっかくなので、

昔を振り返ってみましょう。

 

———————–ここから高校生の頃の話———————-

 

当時の高校生の間では「モンスト」と言うスマホのゲームが流行っていた。

モンストを知らない人はこのサイトを読めばなんとなく雰囲気はわかると思う。

 

https://www.monster-strike.com/

 

簡単に言うと、自分のキャラクターを育てて、強い敵を倒せば、その敵キャラクターが手に入るみたいな感じ。

 

当時の高校生たちはこぞってキャラクターを育ててた。

 

だが、

僕は違った。

 

今はどうか知らないが、当時のモンストはちょっとしたバグが有って、

ちょっとプログラミングができる人なら、

データをいじれば、

どんなに強い敵でも一瞬で倒すことができた。

 

僕は割とパソコンには詳しい方だったので、

データをいじれば、敵キャラクターを一瞬で倒すことができた。

 

「データをいじれば誰でも倒せるし、

このゲームはあんまりおもしろくないな。」

 

そんなあるとき、Twitterを見てると、

「モンスト、敵キャラがドロップするまで

一緒にダンジョン潜ります。

一体につき1000円」

 

という投稿を見かけた。

 

「一緒に回ればお金がもらえるのかー」

「俺のデータで一緒に回ればどんな敵でも一瞬で倒せるんだよなー」

 

「、、、俺にもできそうだな。」

 

ここから僕の快進撃が始まった。

 

まず、新しくTwitterのアカウントを作る。

もともとリアル用のアカウントは持ってたけど、流石にそのアカウントじゃモンストの代行をやる勇気はなかった。笑

 

次にモンストとゲーム代行に興味がありそうな人をフォローしていく。自分と同じようなことをしてる人は他にも何人かすでにいたから、その人達のフォロワーをフォローしていくだけだから簡単だった。

 

初めての依頼は「一回500円」で受けてみる。結論を言うと、僕のTwitterアカウントには依頼が殺到した。

 

他の人達よりかかる時間が短いし、より強い敵がたおせる、ということだったらしい。

新しく作ったTwitterアカウントのフォロワーは8000人くらいになって、業界でもトップレベルになっていた。

注文が多くなってくると、値段を少しずつ上げた。

 

最初は500円だったのが、最終的には一回5000円くらいまでやった気がする。

 

お客さんは高校生以下がほとんどだったが、お金は余ってるところには死ぬほど余ってるようで、

パソコンに弱いボンボンの息子とかは一回5000円でも躊躇なくはらう。

 

中には、一気に10回やってほしい!なんてやつもいた。

 

一撃で5万の収入だから、高校生の僕にとってはウハウハだ。

 

別に僕はすごいことをしたわけではない。

人よりちょっとパソコンに強かっただけだ。

 

この出来事でITスキルのコスパの良さを実感した。

 

「プログラミングよ!ありがとう!!!」

 

——————–ここまで—————————

 

こんなかんじで、高校生のときにも、

ITの力でお金を稼いでいました。

 

これはもちろんラッキーだったかも知れません。

 

ですけど、

 

この記事を見てどう思いますか?

 

単純に僕の運が良かっただけですかね?

 

違いますよね。

 

じゃあ何がこんな莫大な利益を生み出したのか?

 

これこそがITのレバレッジの力です。

 

他の人が手動で一時間かかる作業を、

ITのパワーで5分で終わらせる。

 

お客さんからすれば、

手動だろうが、ITの力だろうが、

欲しい物さえ手に入れば、同じ値段を払います。

 

初めて時給が5万円を超えたときの感覚は今でも忘れません。

 

高校生にとっては大金で、

友達と帰り道に食べるラーメンも、カラオケも、

高校生の頭で考えられる贅沢は基本的に我慢する必要はありません。

 

あなたもこの感覚を一度味わってみてください。

 

ITスキル×起業の可能性は無限大

 

起業の世界は大変です。飲食店やコンサルで独立してる人たちはいつまでたっても時間的に自由になれません。

 

しかし、ITスキルを使った起業は違います。

 

固定費もかからないし、儲かりやすい。なんたって自分自身が働く必要がない。

 

機械が勝手にお金を稼いでくるんだから。

 

追伸

 

スマホゲームの例だけじゃなくて、現代で設けるためにはIT、プログラミングのスキルは必須です。

最近大きくなってる企業はどれもIT企業ばかりです。

ITスキルで稼いでください。

月20万の不労所得を作った方法を無料で公開しています

僕は大学生の頃に月20万の不労所得を作って人生リタイアしました。

才能があったわけでも、環境が恵まれてたわけではありません。

ですが、「不労所得」というと、超絶怪しいですよね。

 

実際は、プログラミングとネットビジネスを学べば、月20万の不労所得なら誰でも作れると確信しています。

 

僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、いまでは月113万の不労所得を稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

 

どんな人でも稼げるし、学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる。

僕はTwitterを自動化して、不労所得を作りました。

Twitterで不労所得を作り、そして自由な人生を手に入れた過程を下の電子書籍では公開してます。

20分程度でサクッと読める内容なので、もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍『月20万稼ぐTwitterBotの作り方』を無料で読んでみる。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


▼LINEマガジンの登録は画像をクリック▼
次へ

< 学べる内容 >

✔️普通にプログラミングを学ぶと貧乏なる理由とは?

✔️半年以内に不労所得を構築し、かつ裕福に暮らすために必要な考え方とは?

✔️大企業に就職すると不幸になる?

✔️凡人が最短で資産家になるには、プログラミングとネットビジネスが最も効率的な理由とは?

✔️ウェブマーケティングを飲食店やイベント集客にフル活用する方法とは?
etc・・・


次へ

※LINEマガジン登録後、30以内に電子書籍が無料で読めます。
※LINEをブロックすれば、すぐに解除することが出来ます。
※ご記入いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。

>> 詳細が気になる方はこちらをクリック<<