【期間限定】電子書籍プレゼント企画

※半年間非公開だった電子書籍を限定公開
3ヶ月で0から月20万の不労所得を作る方法を解禁
予告なく非公開にする可能性あるのでご注意ください

電子書籍をゲットした人たちからの感想と実績報告が続々

“僕がこれまでひた隠しにしてきた秘策”が初公開されていますので、
“1文字も読み飛ばさず”慎重に読み進めていただければ幸いです。

ログラミングを学んでも稼げませんでした」

2018年5月、どこにでもいる普通の大学生3年生だった僕はプログラミングを学んでいた。Twitterとかで「プログラミングで年収1000万!」とインフルエンサーたちが言っていたからだ。Progateでプログラミングをやってみると意外と楽しく、自分が書いたコードがエラー無く動いて結果を出力するパソコン画面をみてニタニタすることもあった。僕にはプログラミングの適正があったようだ。

「楽しくて年収1000万が稼げるなら、こんな楽しいことはないよなー」そんなことを思いながら、のんきにプログラミングを学習していた。プログラミングができるから就職も心配していなかった。

しかし、実際にはプログラミングで年収1000万なんて嘘でした。特に未経験からエンジニアなんてひどくて、・1年目 300万円前後 ・2年目 350万円前後 ・3年目 400万円前後なんてザラ。

そもそも、年収1000万円ってのは、エンジニア界隈の最高レベルの人たちの年収なんですよね。僕たちみたいな凡人がたどり着ける世界じゃないです。この事実を知った時、「僕はなんのためにプログラミングをやってるんだ。。。」とかなり落ち込んだ。

プログラミングで稼いでる人たちは、みんな”エンジニア”ではなかった

そんな意気消沈した僕だったが、実はそのころすでに一筋の希望を掴んでいた。

あるときTwitterでふらふらとツイートを眺めていると「プログラミングで毎月50万円を不労所得で稼いでいます。」という人のTwitterアカウントを発見したからだ。

「どんだけスキルがあるエンジニアなんだろう」「Googleとか外資系のトップ企業で働いているのかな」と最初は思ったが、プロフィールを見ると、なんと独学でプログラミングを学んで3ヶ月で100万円稼げるようになったらしい。しかもエンジニアとして雇われているわけではなく、労働時間は月に3時間もない。彼はそれで24歳で独立し、自由な人生を送っていた。プログラミングで稼いでいる人は、なんとエンジニアではなかったのだ。

その出会いに雷に打たれたような気分になったことを今でもハッキリとおぼえている。彼のTwitterのタイムラインを必死のにスクロールして彼がどうやって稼いでいるのかを調べた。それでわかったことは、彼がプログラミングでFXの取引を自動化し、不労所得として月に100万円を自動で稼いでいたということ。

“プログラミングで自動化してお金を稼ぐ”という新たな選択肢の登場は、突然横から殴られたかのように衝撃的だった。大学生のなけなしの貯金をすぐに引き下ろして、「教えてください」とDMを送り、そのなけなしのお金を払い懇願した。(彼にはきっぱりと「無理です」と断られましたが笑)

幸い大学生の身分で時間は割とあったので、「プログラミングで収益の自動化」という自分の得たい未来がハッキリとイメージ出来てからは朝5時に起きて作業、昼休みの休憩時間も作業、寝落ちギリギリまでカフェで作業、休みは終日作業、友達付き合いも一旦断ち、付き合いの飲みも欠席、という形でとにかく他の事を一切排除して作業し続けた。

「大学生のうちに、就職しなくてもいいくらいの収益を不労所得として構築する」という事だけを決めた。決めたのでそれまでに生活できるようにならなければならない。「成功するしかない状態になるためにはどうすればいいか?」を常に考え、出来ることは何でもやった。

そして決めたとおりに、大学院を卒業する年の5月に、プログラミングで月21万円の自動収益を達成した。そして卒業するころには月50万にまで自動収益が増え、見事「大学生のうちに、就職しなくてもいいくらいの収益を不労所得として構築する」という目標を達成。コンサルを依頼されることも増え、僕だけではなくスキルがあまりない駆け出しエンジニアで僕のコンサル生だった生徒さんも稼げるようになり一緒にご飯を食べるような関係になることすら出来た。

“成功の近道”を知らないから君は失敗するんだ

僕が一体何をやって稼いできたのか?それは“プログラミング”と“Twitter”と”セールスライティング”です。これらがあれば理論上働かなくても稼ぐ仕組みを作ることが出来ます。僕の収入はこれからもどんどん伸びていくでしょう。

勘違いして欲しく無いのはここまで読んできて僕に何か常人には無い何かがあると思ったのであればそれは間違いで、大学での成績は下から数えた方が早かったですしめちゃめちゃ不器用です。そして恐らくあなたよりも貧乏だったと思います。

行動はもちろんしましたが、何か特別な才能が無くても(もちろんあったら強いですが)ビジネスで成功することは可能です。あなたの収入というのは“どこで勝負するか?”によって大きく変わります。

例えば“エンジニアとして稼ぐ”のは超努力してもかなり厳しいです。“フリーランスで年収1000万円”も結構大変です。でも、“自分でビジネスをして1000万円”っていうのは会社という規模で考えると“小さすぎる”と言われる部類です。案件を受けてるばかりじゃ、どうやったって年収1000万は無理です。僕でも無理です笑。

仮に会社員だったとしても、平均年収が800万円の会社と400万円の会社だったら年収1000万円を目指す難易度って全然違いますよね。スポーツで億万長者を目指すなら卓球よりゴルフの方が現実的ですよね。

なのであなたがきちんと稼げるフィールドを選び、そこで勝負するのであれば1000万円とかは本当に簡単な話に思えてしまうでしょう。問題は、「何をどうやってどういう順序で進めていけばいいのか?」というイメージが湧いていないことです。

稼ぐまでのステップバイステップを描けていれば後はその通りにやるだけですよね。もちろん全てがイメージ通りに行くことはありませんが、「こうすれば出来るはずだ」という羅針盤が頭の中に必要なのです。

せっかくプログラミングができるなら、あなたの代わりに機械を働かせよ

そこであなたに提案したいのは、せっかくプログラミングができるなら、なたが働くんじゃなくて、パソコンにお金を稼いでもらいませんか?ということです。

プログラミングを学んでエンジニアとして転職しても、せいぜい年収400万です。対して、ネット上に資産を構築してプログラミングで収益を自動化すれば、僕がTwitterで出会ったFXを自動化して50万を稼いで独立した彼みたいに、Twitterを自動化して月50万を稼いでいる僕みたいな生活を送ることができます。

最強のビジネスモデル”プログラミングで月20万の自動収益を作る方法”をプレゼント

今回リニューアルしてお届けする電子書籍では、あなたが3ヶ月で月20万の自動収益を稼ぐための方法を公開しています

すこしヒントを言うと、Twitterアカウントを自動化させることで収益の発生を自動化させて不労所得を得ています。

224,000円が自動で振り込まれました。

画像は、僕が大学生の頃初めてプログラミングで自動収益が発生してお金が振り込まれたときのものです。直前までいかにギリギリの生活をしていたかおわかりいただけると思います。しかし、本当に儲かる仕組みを知り、その方向に向けて作業するだけでしっかりと成果を出すことができるのです。

ただし、あなたが学んだことを実践するつもりがないのであればお互いに時間のムダなので直ちにブラウザバック推奨です

僕がこれからあなたにお伝えしていく情報というのは、僕がお金と時間をかけて学び、実践して失敗も成功も経験して、時には「もし成功できなかったら」不安になりモヤモヤと眠れない夜を過ごしながら、ご飯がカップ麺だけの日々を乗り越えてノウハウを確立し、そしてそのお金を新たな知識や経験に再投資しながら徐々に手に入れたものです。

だからもし、あなたが“消費目的”で僕の電子書籍と読もうと思っているのであれば、今すぐこのページを閉じていつも通りTwitterとYouTubeを開いては閉じてを繰り返す日々に戻って欲しいと思っています。この電子書籍で学んだ事を活かし実践するつもりのある方のみご参加ください。

あなたの人生を変えるのはあくまでもあなた自身であり、僕はその案内人に過ぎないからです。あなたの人生の主人公はあなたです。でももしあなたが「本気で人生を変えたい!」と思っているのなら、ぜひお手伝いをさせていただきたいと思っています。これから電子書籍の詳細を案内していきますが、待ちきれない方はこちらから電子書籍をお受け取りください↓

LINEの友達追加で簡単に
電子書籍のダウンロードリンクを受け取れます。

気に入らなければいつでもブロックできます。

プログラミングで月20万の自動収益】電子書籍であなたが受け取るもの

電子書籍の内容についてちょっと公開します。

  • プログラミング自動化ビジネスが最強である3つの理由

起業、副業合わせていろんなビジネスモデルが存在しますが、僕の知る限りプログラミングによる自動化ビジネスが最強のビジネスです。あなたがプログラミングによる自動化ビジネスに取り組むべき理由を解説します。

  • 大学生の頃、プログラミングで月21万の自動収益を作ったロードマップ

ここまでお話したとおり、僕は大学生の頃プログラミングで月21万の自動収益を達成しました。その具体的なノウハウをお伝えしています。

  • 不労所得までに最初にやるべきファーストステップ

電子書籍内では、不労所得獲得をめざした時、一番最初に取り組むべきファーストステップを紹介しています。プログラミング未経験の人ですら取り組めるようにかなりわかりやすく解説しました。

  • 1円も稼げないTwiiterBot運営者がしてしまう3つの過ち

TwitterBotで稼ごうとしている人はたまにいますが、ほとんどのアカウントは稼げていません。なぜ僕は稼ぐことができているのか。その秘密をお伝えします。

  • プログラミング×Twitterがなぜ稼ぎやすいの

僕の師匠はFX×プログラミングで稼いでいましたが、僕はTwitter×プログラミングで自動収益を作ることを選択しました。その理由を解説してます。

このようにあなたを成功に導くためのコンテンツを何日を掛けて、内容を書き直したり、添削したりしてやっと現在の形で公開するに至りました。無理に読んでほしいとは思いません。本気の人が手に取り、人生を変えるきっかけになることができれば嬉しいです。

LINEの友達追加で簡単に
電子書籍のダウンロードリンクを受け取れます。

気に入らなければいつでもブロックできます。

上で紹介したものは電子書籍で提供しているものの”約3%”に過ぎません

僕が最初0から稼ごうと思ったときは、体系立てて教わる環境がなかったので、何が正解なのかちんぷんかんぷんの中、失敗を繰り返しながら成功するやり方を言うのを体で学んでいきました。今自分がが教える立場になって強く感じるのは、「今100万円を稼ぐことよりも、0だった頃に稼ぐ1000円のほうが大変だった」ということ。

稼ぐための知識や経験というのは学べば学ぶほど積み上がっていきますから、「どうすればうまくいくのか?」という事がだんだんわかってくればさほど難しいことではないと思えるようになってきます。

実際に僕は今、「よし、じゃあ5万の自動収益を作ろう」と思ったらそれが実現できるようになってしまいました。そして気づいたんです。「1000万円持っていても、自分で稼ぐ能力がなかったら不安だし、自分で稼ぐ力があれば今50万円しか無くても平気だ」ということに。

「稼ごうと思えばいつでも稼げる」「来月も自動で20万円が振り込まれる」という安心感こそが、母体が潰れて終わるサラリーマンのような何かに依存した労働収入よりもよほど大切な資産なのではないでしょうか?

そう思える体験をあなたにもして頂きたいなと思っております。続きは、電子書籍でまたお会いしましょう。残りの97%も電子書籍内で公開しています。最後まで読んでくださりありがとうございました。

LINEの友達追加で簡単に
電子書籍のダウンロードリンクを受け取れます。

気に入らなければいつでもブロックできます。