金儲けのレシピを読んで、プログラミングがなぜ儲かるのか再認識した【書評】

こんにちは、ワタシナガタです

 

最近金儲けのレシピという本を読みました。

その本の中で、

僕がやっているビジネスがなぜ儲かるのか、

うまく言語化されていたので解説しようと思います。

 

僕のこと知らない人がいるかもしれないので軽く説明すると、

大学院生の頃にプログラミングの分野で起業し現在は月200万円の不労所得で暮らしている。

って感じの人です。

 

僕が不労所得を得られているのは、間違いなくプログラミングのおかげ。

 

経済的独立を目指すなら、この本は読んでおいたほうがいいと思う。

経営者の人たちは全員理解しているけど、
なんとなく言語化できていなかったことが、
きれいに文章にまとめられている。

 

僕も読みながら「確かにそのとおり!!!」と何度もうなずいてしまった。

金儲けのレシピの基本情報

「精神論・根性論ではなく、理論に基づいた金儲けの技術を伝えたい」

最高のビジネススキルとは、
「金儲け術」である

私は東大を中退し、そして自分がオーナーとして企業を年商10億円以上まで成長させてきた。その中で、商売の法則は15の“原理原則”にまとめられることを発見した。
本書は、その15の原理を様々なビジネスモデル、経済学、人間の本能などから徹底的に検証、考察し、「金儲けのレシピ」として1冊の本にしたものである。

(まえがきより)

この本は、よくあるビジネス指南書というよりは、
「儲かるビジネスモデルってこうゆう特徴があるよね。」
ってものを著者がまとめたものになってますね。

 

著者の方自体も年商10億以上の企業の経営者らしいし。

 

金儲けのレシピその4【1:n構造を作る】

「金儲けのレシピ」をペラペラと読んでいて、
僕が「おっ!」と感じたのは、

 

第4章の
「1:n構造を作ると儲かる」という原則。

 

これを読んだとき、
「これ、俺がやってるネットビジネスそのままやん」
と笑ってしまった。

僕のビジネスモデルがうまく言ってる理由は「1:n構造」がパンパなく効いているから。

 

1:n構造の例として、
『金儲けのレシピ』の中では東進ハイスクールが紹介されている。

他の塾では、集団授業をしているから、
10人の生徒のときは先生1人でいいけど、
1万人の生徒を教えるときは1000人の先生を用意しないといけない。

 

東進ハイスクールでは、映像授業をメインの授業に採用している。

映像授業は一度撮ってしまえば、10人が見ようが、1万人が見ようが、コストは変わらない。

だからレバレッジが効く。

先生の数を増やす必要がないから、
受け入れられる生徒数に上限がなく、
他の学習塾より儲かる、という仕組み。

 

これまんま僕が作った不労所得と同じ仕組みなんですよね。

 

たとえばとある商品を売るとします。

対面での営業で売っていたら、
一日に契約できるのはせいぜい2つくらい。

 

僕は対面で営業するのではなく、
自動で商品を営業してくれる仕組みをプログラミングの力で作りました。

具体的に言うとTwitterBotを作りました。

 

一度作ったTwitterBotは休むことなく営業を続けてくれます。

しかも、複数コピーすることも簡単です。

「もうひとつBotを稼働させたいなー」と思ったら、
コードをコピーすればいいだけなんですから。

人件費も必要ない。

一度作れば一生働いてくれる。

そりゃ儲かるよね。

 

プログラミングのレバレッジはあまりにも偉大だ

テクノロジーのレバレッジを舐めちゃいけない。

 

ビル・ゲイツのマイクロソフト
ジョブズのApple
ザーカーバーグのFacebook
ジョフベゾスのAmazon
ジャックドルシーのTwitter

どれもこれも長者番付に載っている経営者です。

言うまでもないですが、彼らの会社はプログラムを利用してwebで全世界にアプローチしている会社です。

むしろ最近儲かってる会社でプログラムを利用していない会社ってないんじゃないかな。

 

だからこそ、プログラミングを使える立場にならないと行けないんです。

せっかくプログラミングを学んでいるなら、ただただエンジニアとして雇われるのはもったいない。

TwitterBotを作ったり、webサービスを作ったり。雇われる以外の方法で稼ぐことをおすすめします。

金儲けのレシピはこの世に存在する

著者はこの本の「はじめに」で、
「金儲けは最強のスキルだ」
と言い切ってる。

これには僕も完全に同意である。

 

お金がほしいなら、お金に直結する行動をしないといけない。

 

年収をあげると言いながら、TOEICの勉強をするなんてもってのほかだ。

TOEICで900点取れたらお金が儲かるのか?せいぜい周りの人から「英語ができるんだね」と思われるくらいだ。

 

英語が好きでやってるならそれでもいいけど、「年収を上げるために英語の勉強をしてる」って本気で思ってるなら、
その時間をビジネスに費やしたほうがよっぽど有意義だと思うけどなあ。

月20万の不労所得を作った方法を無料で公開しています

僕は大学生の頃に月20万の不労所得を作って人生リタイアしました。

才能があったわけでも、環境が恵まれてたわけではありません。

ですが、「不労所得」というと、超絶怪しいですよね。

 

実際は、プログラミングとネットビジネスを学べば、月20万の不労所得なら誰でも作れると確信しています。

 

僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、いまでは月113万の不労所得を稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

 

どんな人でも稼げるし、学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる。

僕はTwitterを自動化して、不労所得を作りました。

Twitterで不労所得を作り、そして自由な人生を手に入れた過程を下の電子書籍では公開してます。

20分程度でサクッと読める内容なので、もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍『月20万稼ぐTwitterBotの作り方』を無料で読んでみる。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


▼LINEマガジンの登録は画像をクリック▼
次へ

< 学べる内容 >

✔️普通にプログラミングを学ぶと貧乏なる理由とは?

✔️半年以内に不労所得を構築し、かつ裕福に暮らすために必要な考え方とは?

✔️大企業に就職すると不幸になる?

✔️凡人が最短で資産家になるには、プログラミングとネットビジネスが最も効率的な理由とは?

✔️ウェブマーケティングを飲食店やイベント集客にフル活用する方法とは?
etc・・・


次へ

※LINEマガジン登録後、30以内に電子書籍が無料で読めます。
※LINEをブロックすれば、すぐに解除することが出来ます。
※ご記入いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。

>> 詳細が気になる方はこちらをクリック<<