Twitterで「30800円」を1時間で稼いだ話と資産の重要さ

どうも、ワタシナガタです。

 

1通目は、

ビジネスを始めるまでの物語。

 

不労所得を達成した後の生活はかなり非現実な話に見えたと思います。

ですが、これはすべてノンフィクションで、

僕はいま本当に自由な世界に住めています。

 

2通目は、

僕とKくんを例にした

「格差」の話。

 

無知は罪。

 

という話だったと思います。

 

3通目は

ネットビジネスをしないとお金持ちにはなれない。

という話をしました。

 

昨日の記事を読んで、

実際に行動してみた人からもちらほら連絡きます。

10分とかできることですからね。

 

やる人とやらない人では、

この時点で差がついてますね。

 

今でも遅くありません。やりましょう。

具体的な方法はこの数日間の間に

お送りしたマガジンに隠したつもりです。

まだ何もやれていないなら、

今日までのマガジンを読み返してみましょう。

 

で、今日の本題ですね。

早速秘訣を書いちゃうんですが、

僕が成功できたのは、

「資産を作ることだけに集中してきたから」

です。

 

なぜかと言うと、

僕にネットビジネスを教えてくれた

師匠の影響を受けたからかも知れません。

 

21歳だった僕は、

とあるネット起業家の方に弟子入りしていました。

 

彼はTwitterでも有名なインフルエンサーで、

毎晩のように夜の街に繰り出しておごったり、

ずいぶんとブイブイ言わせてたようです。

ちなみに彼はフォロワーの女の子に手を出して問題になり、

今はTwitterアカウントを削除していますが(笑)。

 

 

僕が初めてTwitterで稼いだのは、彼のとある一言がキッカケでした。

 

 

「ながたくんはさ、1円でもネットで稼いだことはあるの?」

彼は電話で僕に訪ねました。

 

当時の僕は全く稼げていなかったので、

「いいえ。ほとんど稼げてないです。」

と返事ことしか出来ません。

 

「ならさ、Twitterやりなよ。きっと稼げるから。」

 

Twitterなんかやって稼げるか?

と一瞬彼を疑いましたが、

彼に弟子入りする条件が「言われたことはやる」だったので、

僕はやるしかありませんでした。

 

Twitterをやる上で彼に指示されたことは2つだけです。

  • 特定の分野のみに絞ってツイートすること
  • フォローワー数は気にしないこと

僕はこの分野に絞ってツイートをし続けました。

僕は結構モテる方だったので、恋愛に関するツイートをひたすらつぶやいてました。

 

一ヶ月後・・・。

僕のTwitterアカウントのフォロワーは100人程度になっていました。

 

僕の気持ち的には、

「一ヶ月頑張ったのに少なくね?」

って感じだったのですが、

師匠いわく、「これで良い」らしいのです。

 

「次はnoteを売ろう」

noteとは、自分が書いた記事が

 

師匠の言葉を鵜呑みにして、noteを書いて、

3080円で発売しました。

確か「」

 

「俺が書いた記事なんて3000円で売れるのかな…」

その予想とは反して、

なんと3080円で発売したnoteは

発売して一時間で10人の人が買ってくれたのです。

 

塾講師のアルバイトで、時給1300円しか稼いでなかった自分が

たった1ツイート

たった1時間で

30800円稼いでしまったのです。

 

しかも、そのnoteはその後も売れ続け、

僕が友だちと遊んでいるときにも、

勝手に3080円を稼いでくれていたのです。

 

 

そのことを師匠に報告すると

 

「それが資産だよ。

バイトじゃ働いても何も残らないけど、

今の君には100人のフォロワーと

10人に売れた実績があるコンテンツが残ってる。

 

本物のお金もちになりたいなら、

必死に働いて100万円を稼ぐより、

自動で10万を稼ぐコンテンツと仕組みを作るほうが重要だよ」

 

===========================

 

ここまでが僕が資産の重要さを知った物語です。

 

インターネットで一円も稼いだことのなかった僕が、

1時間で30800円稼げたのは、

「コンテンツ」という名の資産を作ったからです。

 

一度書いたnoteは何個売れても自分の労力は同じなんですよ。

これが資産のすごいところ。

 

 

だから僕は資産になるビジネスしかしません。

プログラミングやブログ、LINEマガジンは全て資産になるからやっています。

一度書いたコードは、一生働き続けてくれるし、

一度書いたブログ記事も、何百人の人が読んでくれます。

 

 

そして、ここからがもっと重要な話。

資産を作ることに集中する、

という話をしましたが、

大事なことは

「決しておいしそうなビジネスに手を出さなかった」

ということです。

いろんな起業家と会うなかで、

おいしそうなビジネスっていっぱいあったんですよ。

・紹介するだけで権利収入が得られるビジネス(笑)
・仮想通貨のICO案件
・1日1時間の作業で月50万儲かる話
・共同事業の提案
・コンサルティングの仕事

etc…

などなど。

「すぐ稼げる」「楽に稼げる」「ワンクリックでうんたら~」

みたいな話って、

実はそこらじゅうに落ちているんです。

なかには、楽しそうな仲間たちがいて、

チームで一緒に成功しようよ!

という集団に誘われたこともあります。

・・・でも僕は、すぐ稼げるような

甘い話には興味を持ちませんでした。

試しにちょっと手を出したこともあったけど、

どうせ長続きしないだろうな、

と思ってすぐに撤退しています。

実際にビジネス初心者の時に失敗しましたしね。笑

もちろん、嫉妬はしましたよ。

ビジネスを始めてまもない友人が

「20万稼いだ!」とか言ってる横で

僕は資産を作り続けていたし、

怪しいことをやってる先輩が

「この金融商品5倍になったw」

とか言ってる横で、

僕はコンテンツを作り続けていました。

なんどもなびきそうになったし、

単発で稼ぐのもありかもしれない、、

と思ったこともあります。

でも、グッと堪えて、

資産を作ることに集中し続けたんです。

資産を作り続ければ成功できると知っていたので、

虎視淡々とコンテンツを作り続けていました。

・・・それから数年が経ち、

目先のお金を求め続けていた知り合いは

起業の舞台から姿を消していました。

いろんな知り合いがいたはずですが、

みんなどこかにいってしまった。

いまだに成功しているのは

同じように資産を作り続けた人だけです。

というかむしろ、

自分だけ資産を作り続けていたので

どんどんビジネスが楽になっていきます。

もう何をしなくても

毎月100万が振り込まれるし、

お金だけじゃなくてスキルもあるので

自信がついたのか、安心感もあります。

足を動かして営業する必要も、

必死に資金繰りのことを考える必要も、

来月の収入に不安を感じることもありません。

寝ていても収入が入り続けるし、

旅行に行ってるあいだも資産が稼いでくれるし、

本を読んで勉強してるあいだも稼げてしまいます。

この安定した世界にいられるのは、

資産を作り続けた人の特権ですね。

もしかしたら僕を見たときに

「自動でお金が入ってくるなんて怪しい」

とか

「不労所得とかあり得ない」

とか思ったかもしれません。

それが正常な反応です笑。

僕も最初はこの世界を怪しいと思ってました。

でも、実態を知ってみると意外とシンプルです。

資産性の高いビジネスしかしてないから

自動でお金が入ってくるのは必然です。

不思議でもなんでもないですし、

お金が入ってくるロジックも知ってるから

珍しいことじゃないんですよね。

 

 

まとめると

・資産性の高いビジネスに集中する

・無形資産(知識、経験、思考)を蓄える

・コンテンツを作れば資産になる

というのが伝われば満点です。

今日はこんな感じです。それでは!

 

P.S.

資産を作ると言っても、

具体的に何を作ればいいの?

と思うかもしれません。

 

そこで少しだけ種明かしをします。

 

例えば、Twitterbotを作るとしましょう。

作るのに、おそらく1時間程度しかかかりません。

 

でもこのTwitterbotを自動で動かし続けると、

一ヶ月後には1000人のフォロワーが増えています。

 

たった一時間の労働が1000人のフォロワーになるんです。

 

手動でTwitterのフォロワーを1000人にしようとしたら、

莫大な時間がかかりますよね?

それをプログラミングが代わりにやってくれる。

これが「資産」の基本的な考え方です。

 

プログラミングは、こうやって使うんですよ。

 

初めて取り組むビジネスにしては

ハードルはすごく低いと思うので、

ぜひ学んでくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました